当団体(東京・横浜キャッシュフローゲーム会)の理念

「人生を豊かに生きる」の意味

 

何のために生きるのか―――

普段の生活を送っている中で、こんなことを突き詰めて考えることはなかなかないですよね。けれども、例えば大病したとき、現在の仕事に煮詰まったとき、などなど…。人生の節目節目でこのような自問自答をする機会が出てくるのではないでしょうか。

そんな時は、実はチャンスです。

今までの自分を振り返って、なにかしらの気付きがあったら、今度はそれを生かして新たな挑戦を始めてもいいのではないでしょうか。

一度しかない人生、自分のため、また大切な人のために豊かにしたい。この豊かさは、もちろん経済的なものも含まれますが、それだけではありません。時間的な豊かさを得て大切な人と過ごす。自分の夢を叶える。そして魅力的な人たちに囲まれてお互いを高め合える。こんな生活が、本当に豊かな生活と言えるのではないでしょうか。 金持ち父さんは、起業や投資をして不労収入を得るということが、そのプロセス・結果を通して自分を成長させ、結果として豊かな人生が送れる、という強いメッセージを発信しています。

金持ち父さんも指摘しているように、お金中毒にならない。実現するまで夢をあきらめない情熱を持ち続ける。こんな大人たちであふれたら、子どもたちももっと生き生きと将来への夢を見られると思います。

人生を豊かにする、そのためには人間性を高めて魅力的な自分になること。「金持ち父さん」を目指す方々が単なる金もうけでは終わらず、「何のために生きるのか」を明確にして、起業・投資を通して成長するお手伝いをしたい。

それが東京・横浜キャッシュフローゲーム会の存在理由です。



▲ページトップに戻る

金持ち父さんの六つの教え

一、金持ちはお金のために働かない

二、お金の流れの読み方を学ぶ

   -負債ではなく資産を買う

三、自分の財務諸表を作る

   -キャッシュフローを管理し

    コントロールする

四、自分のビジネスをもつ

 (起業する)

五、会社を作って節税する

 (さらに利益から得たお金で資産

  を買い、収入を増やす)

六、お金のためではなく、学ぶために働く

詳しい解説はコチラから 

金持ち父さんの七つのステップ

ラットレースを抜けるための七つのステップ

一、自分のために働くことを考える

二、キャッシュフローを管理する

三、ほんとうに危険なのは何かを知る

四、どんな投資家になりたいか決める

五、よき師を見つける

六、失望をバネにする

七、自分を信じる

神奈川県横浜市